こどもクラブは1歳から学ぶ幼小一貫の幼児教室。知性と社会性、心の発達を高めます。

北海道 札幌 東北 関東 東京 中部 中国 九州 海外
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 札幌
  • 東京
  • 近畿
  • 中国・四国
  • 九州
  • 海外

日本の子どもたちの学力は大丈夫?

最近の教育の話題としては、12月初め、経済協力開発機構(OECD)が発表した、15歳を対象に2006年に実施した国際的な学習到達度調査(PISA)の結果でしょう。

日本は、残念なことに「読解力」前回(03年)14位から15位、「数学的応用力」6位から10位、「科学的応用力」2位から6位へと全分野で順位を下げました。 「読解力」の15位も問題ですが、前回までトップグループだった「数学的応用力」と「科学的応用力」が大きく落ち込んだ点が深刻な問題です。

日本での調査は昨年6〜7月に行われ、小学6年から現在の学習指導要領で学んでいる「ゆとり世代」の高校1年生が対象でした。ということは、小学1年から現在の学習指導要領で学習してきた子どもたちは、このままではもっと下がる可能性があるということです。本当に心配な現状です。

文部科学省もこの結果を受け、学習指導要領を改訂し、「ゆとり教育」からの転換を目指します。学校で完全実施されるのは少し先の話。

世の中では「ゆとり教育」がスタートした時から、学力低下は心配されていました。ドムスでは、できるかぎり以前の学習内容で授業をしてきました。学校で学習しない内容を教えていくことは大変なこともありましたが、正しい選択だったと思います。(微力ながらも学力低下の歯止めに少しは貢献ができのでは。)

さらに、思考力と記述力を持った、国際的に通用する子どもたちをドムスで育てていきたいと思う、今日このごろです。